SONY製 α6500 機材レビュー

こんにちは、やくもです。

今日は、私が持っている機材の一つである
SONY製のα6500について書いていこうと思います。

ソニー α6500 ボディ [ILCE-6500]


α6500で撮影した動画です。
たんぽぽの綿毛と菜の花を撮影しています。

たんぽぽの動画は、標準ズームレンズ(SEL2870)で撮影していますが、
背景がキレイにボケていてたんぽぽの綿毛が
はっきり写っているのが確認出来ます。
手持ち撮影していますのでちょっと画面が揺れています。

撮影方法は地面ギリギリまでカメラを下ろして
背面画面でたんぽぽを確認しながら撮影しいます。

それと、α6500背面画面でタッチポイントにフォーカスを合わす機能が
付いていますが、その機能を使ってたんぽぽの綿毛以外をぼかしています。

以上が「たんぽぽの綿毛」の撮影方法でした。

次の動画は、菜の花です。
レンズはたんぽぽの綿毛と同じレンズを使っています。
こちらは、風で菜の花が動いていますが
きちんとピントが合っている思います。
背景もきれいにボケていると思います。

こちらは、たんぽぽ同様手持ちで撮影しています。
微妙に画面が揺れていと思います。
5軸手振れ補正は効いていると思います。
撮影方法は、カメラを胸ぐらいに構えて、ちょっとカメラを
上を向くように撮影しています。

以上で「菜の花」の撮影方法でした。

α6500は結構きれいに動画が撮影してくれると思います。
でも、連続で約30分しか撮影は出来ません。
そこさえなかったらいいカメラです。

では、この辺で「SONY製 α6500の機材レビュー」は終わりです。
今回もありがとうございました。

いつも応援ありがとうございます。
クリックお願いします。

追伸:全部でカメラ8台持っています。
すべてSONY製ですがまた持っているカメラのレビューをしたいと思います。

質問等ありましたら、クリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください