【本の紹介】ポートレートを撮影する時のおすすめの本

こんにちは、やくもです。(@yakumo10001)

今回もよろしくおねがいします。

今回は、
ポートレートを撮影するにあたり参考になる本を紹介したいと思います。

その本は
デジカメで人物を上手く撮る見本帳

という本です。

私は毎日カメラを持って家の近くにある花や風景を撮影するのが日課になっています。
しかしあまり人物を撮影したことはありませんから
知り合いに風景の写真は上手いが人物はまだまだだなと言われて

人物を撮影するときに参考になる本を探していてこの本に出会いました。

デジカメで人物を上手く撮る見本帳の紹介

この本は、「基本編」、「実践編」、「実例で学ぶコツとアイデア」の
3つの章で別れており、初心者でも分かりやすく基本から学べるように書いてあります。

「実例で学ぶコツとアイデア」では、いろいろな実例が紹介されており
この場面はどのように撮影すればいいか瞬時にわかるようになっています。

また、参考写真が多く使われており、写真でイメージがわかりやすくなっています。
初心者にありがちが疑問にも答えており 疑問が解決する場面もあります。

この本を読むと 私はすぐに試してみたい願望がふつふつと湧き上がって来ました。

巻末には便利なチェックリストも付いており 持ち物リストや
人物撮影ポイント早見シートなどが付いています。

まとめ

ポートレート撮影は、最初なんとなくこの感じがいいかなとか
自分の感性で撮影していましたが
上手いこといきませんでした。

風景写真を撮影する時は、いろいろな本を参考に写真を撮影していましたが、
ポートレートいうジャンルは、それが難しかったです。

やはり専門の本を見てみて、まねして写真を撮りたいと思いました。

みなさんのポートレート写真に役に立てれば幸いです。

いつも応援ありがとうございます。
クリックお願いします。

追伸: さくらが咲きはじめましたね 一番好きな季節です。
このブログでさくらの写真を公開できればいいなと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

質問等ありましたら、クリックしてください。